人体への影響

生姜が一番取れる所ってどこですか?

生姜は料理をする際に、必ず必要になる調味料になります。
煮物や焼き物、炒めもの、あげものなどどの料理でも生姜を使った生姜のレシピがあります。
これだけ生姜が私たちの生活に密着しているのも、昔から使用されており歴史が古いものだからです。
生姜の歴史は日本では、3世紀ごろには中国から伝わってきたといわれています。

最初に栽培されたのは奈良県で、古事記にも生姜が栽培されていたということが記されています。
それから現在に至るまで生姜は、栽培し続けられている貴重な食材といえます。
日本以外では、インドで紀元前300年から500年に保存食として使用されていました。

また食品としてだけでなく、医薬品としても使用されていました。
そのほかにも中国でもインドと同じく紀元前500年頃から作られてることが分かっています。
なので生姜は世界中で昔から注目されている食材ということが分かります。

そんな生姜は全国で54200t収穫されています。
中でも一番とれる場所は、高知県です。
高知県の生姜の収穫量は、24000tです。
全国で収穫される生姜の45%が高知県で生産されている生姜になります。

次に多い県は熊本県で、6470tが収穫されています。
これは全国の11%の収穫率を占めます。
次に多い県は千葉県で、4100tの収穫量です。
これは全国の7%の収穫率となります。
そのほかにも宮崎県、和歌山県、静岡県などでも収穫されています。

しかしどちらも全国の収穫数では、数パーセントにしか満たないのが現状です。
全国生産地1位の高知県の中は、気温、気候が生姜に適している地域になります。
高知県には1級河川で有名な四万十川、仁淀川、物部川があります。

きれいで美しい川の水のもと栽培される生姜は、自然のパワーでよりよい生姜をさい場合することができます。
さらに生姜は保存食としても使用されるため、長期間にわたり年中楽しむことができます。
生姜は10月下旬から11がつにわたって収穫されます。
その期間にすぐに出荷された商品は、新生姜として発売されています。

それ以外の時期に販売されている生姜は、囲い生姜といわれています。
収穫されてから冷蔵庫で保管されて、時期に応じて出荷されていきます。
なので年中生姜は食卓にのぼることができます。
また生姜は漬けものとしても食することができます。
漬け物としては、ガリや紅生姜などが身近で食べる機会が多いものとして有名です。

このページの先頭へ