人体への影響

生姜と相性がいい食べ物は何ですか?

生姜というと、今いろんな商品開発が進み、いろんな形で摂取できるようになりました。
生姜のスープなどは、お手軽なインスタント食品としてとても人気商品にもなりました。
さらに生姜は和食には欠かせい調味料でもあります。

冷蔵庫がないころから生姜は、生物の殺菌効果があるため重宝されてきました。
また保存期間も長いため、保存食としても使用できました。
さらに生姜は体にいいものとして、昔から知られていました。

風邪のときなど体調があまり良くないときなどに摂取すると、新陳代謝が上がり体の血行が良くなります。
特に咳やのどの痛みなどの炎症に効果的で、症状を和らげてくれるためよく摂取されることが多いです。
生姜は多くの食材と合わせて摂取できますが、中でも相性がいいものがあります。
生姜の成分をいかした食生活を送ることで、より元気な体を作っていきましょう。

一番生姜と相性がいいものは、生物です。
特になじみのある者はお寿司とガリという組み合わせです。
お寿司屋さんでは、ガリがおかれていないところはありません。
ガリは生姜を薄くスライスして、酢漬けにして作られたものです。
回転寿司でもカウンターでのお寿司屋さんでも必ず置かれています。

それは生姜に含まれる、ジンゲロールという成分が大きく影響しています。
ジンゲロールには強い殺菌効果があります。
そのため生物に付着しやすい細菌を、除去してくれる働きがあります。

なのでガリはお寿司と一緒にとると、生物の細菌を減らしてくれるため安心して食べることができます。
しかしO-0157のような強い食中毒の細菌やウィルスに対抗できるほど強いものではありません。
生でそのまま食べるよりもよっぽど、殺菌されるため少しでも対策として効果があるといえます。
なので今では生物を常に扱うお寿司屋さんでは、生姜は欠かせない食材の一つです。

そのほかにもカツオのたたきや馬肉などの付け合わせにもしょうがは利用されています。
調理の下味としても生姜はとても効果的です。
特に消臭作用もあるため、魚やお肉の臭みを取るのにはとても効果的です。
特に魚の煮付けを作るときには生姜を利用する場合がとても多いのはそのためです。
このように生姜の特徴に合わせて上手に組み合わせることで、食材を新鮮でおいしい状態で摂取することができます。

このページの先頭へ