人体への影響

生姜が紅生姜として食べられるけど、誰が考えたの?

生姜というと日本食にはかかせない食材の一つです。
調味料として、とても万能ですり下ろしたり、みじん切りにしたり千切りしたりとメニューによっていろんな使い方ができます。
また生姜は調味料としてだけでなく、生姜そのものをおいしく食べることができます。

ただし残念ながら食事の主役とまではいきませんが、ないと物足りない、付けあわせに必要な食材になります。
特に生姜の場合、加工されて使用されることも多く、ガリや紅ショウガなどが販売されています。
どちらも酢漬けされていて、ガリはお寿司屋ちらし寿司などによく含まれています。

紅ショウガは、以外に多くの食材に使用されています。
焼そばや焼うどんなどの麺類に添えられていたり、お好み焼屋たこ焼きの具材としても使用されます。
そのほかにもさつまあげや牛丼や博多ラーメンなどにも使用され、紅ショウガの赤みが色見として華やかに見せてくれることもあります。

また味のアクセントなどにもなるので、自分の好みで量などを決めて食べる人が多いです。
そんな紅ショウガは以外にも多くの食べ物に使用され愛されていることに気付きます。
そんな紅ショウガが作られたのかはっきりとした情報はありません。

知らぬ間に私たちの日常生活の中で、浸透して言った食材といえます。
生姜はもともと保存期間がない食材です。
そして酢漬けや詰め物といった方法は、昔ながらの日本食の一つの方法といえます。

特に紅ショウガは梅酢をしようして作られているのが特徴です。
しそを含むとさらに赤みが増し、とても発色がきれいな紅ショウガが作られます。
梅干しと違い生姜は千切りやみじん切りにして使用することができます。
なので多くの食品との組み合わせがしやすい食材となりました。

また見た目的にも、真っ赤な色の食材は限られています。
なので色目で食を楽しくという意味でも紅ショウガはとても重宝されました。
博多ラーメンやソーキそばには紅ショウガは見た目、アクセントともに欠かせないものとなっています。
昔名が荒の人の日常の中で生まれた知恵が、紅兆がを生み出し、今でも愛されている食材だといえます。

このページの先頭へ