人体への影響

生姜汁ってどんな物に使われますか?

生姜は昔から体にいい食材の一つとして、とても重宝されてきました。
一番最初にショウガを栽培したインドでは、民間薬として使用されてきました。
また中国では漢方薬にも使用されており、約70%の漢方薬に含まれています。

なので生姜は昔からとても体にいいとされ、いろんな形で取り入れられてきました。
そして近年の健康ブームによって、生姜を使用した食品がたくさん開発されるようになりました。
ショウガ入りのカップスープなどは、とても人気で手軽に食事の一つとして取り入れるようになりました。

生姜といったら料理ばかりに目がいきがちですが、生姜にはいろんな取り入れ方があります。
一番手軽にできるものとしては、スープや飲み物があげられます。
そこで欠かせないのが生姜汁です。

生姜汁はショウガをすりおろした際に出る汁のことを指します。
ショウガの栄養素をたっぷり含んでいるため、香りも良く繊維質もないため、飲み物に入れる食べで簡単に生姜の成分をとりいれられます。
簡単なものでは、ホットミルクティーに生姜汁を入れて飲むとのみやすいという口コミが多いです。

また炭酸などで割ったジンジャーエールもショウガを使った定番の飲み物となっています。
生姜ならではの辛みがあるため、炭酸などと一緒にすることで、辛さがダイレクトに伝わりにくく飲みやすいといえます。
また紅茶など甘みのあるもので濃厚なものは生姜汁を入れても、生姜ばかりが主張することなく飲むことができます。

そのほかにはもっとも使いやすいのが汁ものです。
具だくさんの野菜にだし汁と醤油とショウガ汁を加えることで、おいしいスープが出来上がります。
生姜はあたためることでジンゲロールという成分がショウガオールに変化し、血行を促進する働きがあります。

なので冷え性の人にはスープを飲みながら体を温め、生姜の保温効果でより体を長期間温めることができます。
また冬の時期のお鍋のシーズンになると、お魚などを入れる場合に生姜汁を一緒に入れると臭みが取れやすくなります。
生姜の香りもよく、体もあったたまるので鍋には最適な調味料といえます。

このページの先頭へ