人体への影響

生姜に保温効果があるけどどうして?

生姜は昔から日本食によく使用されています。
なので多くの人になじみやすいのではないでしょうか。
ほとんどの家庭に生姜に関する食品がおかれていることが多いです。

すでにすり下ろしたしょうがのチューブタイプにものを料理に使用している人も多いでしょう。
それいがにも生のショウガをすったり、千切りやみじん切りなどにして料理に使用するのが一般的です。
これだけ生姜が多くの料理に使用されるのには、生姜の味だけでなく生姜ならではの成分が含まれているからです。
生姜は今では料理の調味料としてだけでなく、生姜のドリンクなど生姜そのものを味わうようなメニューも増えています。

特に女性にとっては、数ある悩みの一つとして冷え性があります。
昔は冬になると気温が下がるため、冷え性だと感じる人が多かったです。
しかし今では夏でも冷え性に悩まされる環境になりました。
一番の要因は、冷房環境が長期間にわたるということが大きいです。

さらに仕事で座りっぱなしの場合、余計に血行が悪くなり冷え性になりやすくなります。
冷え性は女性の体に多くの異変をもたらします。
未婚の女性にとっては冷え性の場合、不妊になりやすいという結果も出ています。
なので冷え性に悩む人には、血行を良くして血流を良くする効果があります。

そんな冷え性に有効的なものでメジャーなものに生姜があげられます。
生姜には、辛みのもとになるジンゲロールと生姜の匂いのもとになるガラノラクトンが含まれています。
この二つの成分が体内にはいりチュオで吸収されることで、血管にこれらの成分が浸透していきます。
これらの成分は、血管を拡張する効果があります。

血管が拡張されると、その分多くの血が運ばれることになり血行が良くなります。
冷え性は、末端に血液が流れていかないため起こるので、血行改善が一番の対策になります。
そして生姜の最も効果的なところは、保温効果が高いということです。

一度生姜を摂取して血行が良くなると、その状態が3時間近く保つことができます。
なので体がずっとぽかぽかした状態が続きます。
生姜のせっしゅのしかたはいろんな方法があるので自分にったものを取り入れるようにしましょう。

このページの先頭へ