人体への影響

生姜のいい所はどんな所ですか?

生姜は紀元前500年前から、インドや中国で生産されてきました。
日本に生姜が伝わったのが、2世紀から3世紀ごろといわれています。
その時期から生姜は愛され続けている歴史が古い食材です。
そんな時代から愛され続けている生姜にはいいところがたくさんあります。

まず一番は体にいいということです。
ジンゲロールという成分が生姜には含まれており、殺菌効果や免疫力をあげる働きがあります。
なので日本では昔から生物を食べる際に、一緒につけあわせとして生姜が出されることが多かったです。
またお寿司屋さんで生姜を酢で付け込んだガリがおかれているのは、殺菌効果があるからです。

そのほかにも免疫力をあげたり吐き気止めとしても効果があります。
またリュウマチなどの関節の痛みをかけている人にも、症状を和らげる効果があります。
また有効成分は加熱すると効果がなくなってしまう場合もありますが、生姜の場合は異なります。
生姜は、加熱されるとジンゲロールという成分が、ショウガオールやジンゲロンといった成分へと変化します。
ショウガオールは、血管の拡張をさせる働きが体を温めるという働きがあります。

またジンゲロンにも血行促進の効果と新陳代謝を高める働きがあります。
なので冷え性の人にとっては、ショウガを加熱することで血行が良くなり手先にも血液が循環してくれます。
また保温効果もあるので、体が温まった状態が3時間近くは保つことができます。
定期的に飲むとからだが温まった状態が続きます。

そして女性の人の多くがダイエットをしていますが、新陳代謝が上がることでダイエット効果も期待できます。
ジンゲロンには脂肪を分解する要素も含まれているため、よりダイエットには効果があるといえます。
このように生姜は調理の仕方によって、様々な栄養素を作り出すことができる食材です。
その時の対処腸に合わせて調理法を変えることで、とても体に効果的だといえます。
なので常に糧に生姜を置いておくことで、軽い症状のうちに改善することができます。

このページの先頭へ