人体への影響

生姜って家庭菜園でも作成できますか?

生姜は日常的に家庭料理に使用されます。
なので使用頻度も高く、常に冷蔵庫などで保管している人もいます。
しかし、しょうがはとても寒いところが苦手なため、保管は新聞紙などにくるんで、日の当たらないところに保管することがお薦めです。
調理などで使う頻度が高いほど、家庭で栽培することができたら切らすことなく新鮮な生姜がいつでも食べることができます。

はたして生姜は家庭菜園でも作ることができるのでしょうか。
ショウガというと土の中で大きく育つというイメージが強いので、プランターなのでは難しいのではと思う人もいるでしょう。
しかし生姜の中にはプランターでも栽培することができる種類のものもあります。

しょうがにも大生姜、中生姜、小生姜に分かれています。
大ショウガなどは漬物などに使われる大きな生姜をさします。
そしてその反対に小生姜は、差植え付けから収穫までの時間が短くプランターなどでも栽培しやすいため、家庭菜園向けとなっています。
ただし生姜は芽が出るまでに一カ月以上かかる植物です。

なので焦らず時間かけて栽培するようにしましょう。
そんな中気をつけることは、気温です。
もともと生姜は亜熱帯地域のインドで発見されました。
なので気温が高いところを好み成長もしやすいので、日光がよく当たる場所において栽培するようにしましょう。

ショウガをさい栽培する際にプランターに植えるのは、種生姜という塊を植えることから始まります。
ためで栽培するほかの植物と違い、簡単に目がひらいたり開いたり根っこがでてくるわけではありません。
よって早く栽培したい場合には、水分温度を調整して芽出しを行うのがお薦めです。

そうすることでプランターの土に早く根付くようになり、しっかり土の中の栄養素を吸収して成長してくれます。
芽出しをして定着させた場合、5月ごろに植え付けてから早ければ7月ごろには葉生姜が収穫できます。
また根ショウガの収穫は10月から11月に収穫することができます。

このページの先頭へ