人体への影響

生姜はどうして皮をむくの?

生姜は私たちの食生活に欠かせない食材の一つです、
昔から体にいい食材の一つとしてとても有名です。
ただし生姜自体を食べるという機会は、メニューによって限られていきます。

焼そばやたこやき、牛丼やお寿司などの食べ物にそえられるものとして食べることが多いです。
なのでメインの食材とまではいきませんが、紅ショウガやガリといった加工されたものを取り入れていることが多いです。
また生姜を直接食べる以外では、調味料としてとても頻繁に使用されます。

日本料理や中華料理では、肉や魚の臭みなどを取るためにしょうがはとても有効的に使用されています。
なので生姜が家庭の冷蔵庫にないという人はとても少ないでしょう。
そんな生姜はスーパーなどで見かけると皮がついたまま販売されているものがほとんどです。

なので皮をむいて使用しなくてはいけません。
しかし生姜は形もいびつで皮をむくにはとても難しく、面倒だなと思う人もいるでしょう。
そこでショウガの皮はどうしてもむかなければいけないのでしょうか。

生姜に含まれる最も有効な栄養素であるジンゲロールは皮の近くに一番多く含まれています。
そのため本来は皮のまま使用したほうが、ジンゲロールを有効的に接種する事ができます。
生姜の中でも新生姜は、収穫されたばかりの柔らかいものなので、皮のまま食べる人も多いです。

ただし囲い生姜といって種生姜の近くのかたい部分の生姜に関しては、皮も厚いものが多いです。
なのでそのまま使用すると食感があんまりよくないと感じる人が多いです。
そのため皮はむいて食べる人が多いです。

また生姜はスーパーなどで売られている商品の半数は、輸入品に頼っています。
輸入した生姜のほとんどが中国産のものが多いです。
中国では植物の生産に関して、農薬などを使用している可能性が高いといわれています。

なのでそういった農薬や消毒の影響を一番受けやすい皮の部分を厚めにむく人もいます。
このように生姜の種類や原産地によっても考え方が違い、一概に皮をむかなければ食べることができないというわけではありません。
特に新生姜の場合は、ほとんどの人が皮をむかないでショウガを食べている人が多いです。

また皮むき機では剥きにくく、必要な栄養素をうまく残せない場合も多いです。
そんな人には、スプーンをつかうのが、手軽でなるべく薄く皮をむくことができます。
すりおろしなどの場合いは食感がなくなるため、皮のまますり下ろすと生姜の成分もそのまますべて取り入れることができます。

このページの先頭へ