人体への影響

風邪の時に生姜がいいのはどうして?

昔から生姜は医薬品としても価値が高いといと認識されてきました。
そのれきしはとても古く、紀元前500年前にもなります。
紀元前500年前のインドでは生姜の医薬品としての効果があるとわかりながら栽培していました。

それから現代社会までずっと栽培され続けてきた生姜は、多くの医学的効果がるということが分かっています。
日本で初めて生姜が栽培されたのは、3世紀ごろといわれています。
それから今に至るまで常に栽培収穫され続けられたのには、いろんな理由があります。

中でも医薬品として生姜は家庭で常備されるようになりました。
家庭で最も多い病気の代表的なものとして、風邪があげられます。
風邪も症状によって重症度が異なります。

風邪のひき始めは、のどの違和感や軽い咳などが目立ちます。
それが悪化してしまうと、肺に負担がかかり肺炎などを引き起こしてしまいます。
そのような状態になるに、早期発見して早い段階で症状を緩和する対策をとっていくといいでしょう。
その昔の人は、薬が高価であったためなかなか購入することができませんでした。

なので身近な食べ物で対策をとるようにしていました。
そこで注目されたのが生姜です。
生姜にはジンゲロールという生姜の辛みのもととなる成分とガラノラクトンという香りのもとになる成分が含まれています。

これらの働きが風邪のときにおこる咳やのどの痛みをやわらげる働きがあります。
咳が起きてしまう原因は、ロイコトリエンという物質によって引きおこされます。
この成分が気管支に入ってしまうことで気管支を狭くさせ、咳やぜんそくをおこしてしまいます。

これらの原因となるロイコトリエンという物質をジンゲロールとガラノラクトンが抑制することで、咳やのどの痛みを和らげることができます。
これらの理由から風邪をひいたときには生姜がいいといわれています。
ただし体調によっては、食欲がないときもあります。
そんな時には、しょうがをしようしたドリンクやスープなどがお薦めです。

スープなどではネギや豆乳を一緒に使用したものや、とりがらスープなどにネギやきのこるインドを入れたものもお薦めです。
ドリンクでは、紅茶などにハチミツとおろし生姜と牛乳を加えたミルクティーなども飲みやすくてお薦めです。
食欲がでてきたら生姜を使用したおかゆなども風邪にはとても効果的です。
風邪をひいた場合、咳やのどの痛みは最初から最後まで一番長く続いてしまう症状です。
そのため毎日少しづつ生姜を取り入れていくことがお薦めです。

このページの先頭へ