人体への影響

生姜は値段が安いけどどうして?

私たちの食生活の中で、欠かせないもの一つに生姜があります。
生姜はどちらかといえばメインの食材になるというものではありません。
しかし、肉料理や魚料理などいろんな料理に使用することが多い食材です。
料理本などを見てみると、生姜を使用しているレシピはとても多くあります。

また中には生姜を使ったレシピばかりを乗せた本があるほど、生姜はいろんな料理に使用されています。
そんな生姜はスーパーなどでいつでもよく見かけます。
野菜などは直物でもあるので、野菜によってはある時期とに時期に分かれます。
しかし生姜はいつでも購入できるよう、販売されているスーパーがほとんどです。
しかも金額的にも安いものが多いです。

今市場で販売されている半数以上が、輸入品の生姜になります。
その生姜のほとんどは中国産のため比較的価格が安く設定され販売されています。
なのであまり高価な食材ではありません。
さらに生姜は収穫の時期が10月の下旬から11月中に行われます。

そのため、その時期に発売される新生姜というものは、一番新鮮で香りも高く料理に最も適している生姜です。
この新生姜の国産は、やはりスーパーなどで普段見かける生姜とは値段ももちろん異なります。
生姜の中では一番高く、新生姜の販売時期だけはスーパーでも高い生姜を見かけることがあるかもしれません。
この時期以外の生姜に関しては、ハウス栽培されているものも日本では多くあります。
旬の時期とは異なりますが、新鮮な生姜ではあります。

ハウスで栽培された生姜は、安定して生産することができるため、価格も新生姜に比べて安く提供することができます。
最も安い生姜に関しては、囲い生姜や古根生姜と呼ばれているものです。
1年前に生姜の種として植えられた部分の根っこの部分のことを指します。
生姜は長期にわたり保存できる保存食としても重宝していました。

そのため、出荷時期などにおうじて貯蔵していた生姜を販売することができます。
なのでこの様な生姜も比較的に安価に手に入ります。
このように生姜もすべてが安いというわけではありません。

まず生産国によって、値段の違いがでてきます。
そして生姜の種類によっても価格は違ってきます。
なので人によって生姜へのこだわりは違うので、違いを理解しながら購入しましょう。

このページの先頭へ