人体への影響

生姜が最初に作られたのはいつ?

私たちの食生活に欠かせないものとしていろんな食材があります。
食卓のメインとなるお肉類やお魚類以外にもやさいなどいろんなものがあります。
しかしこれらの食材を調理する際に欠かせないものとして、調味料があります。

いろんな調味料がある中で、日本で昔から使用されているものの一つに生姜があげられます。
料理をしているとよくレシピをみることが多いです。
そのレシピには生姜が使用されている場合がとても多いです。

生姜自体が、メインの食材になることはあまりありません。
しかしその目員の料理をきたせるための脇役で使用したり、調味料として下味の一つとしても使用されています。
このように生姜はとても多くのものに使われています。
そんな生姜はいつから栽培されるようになったのでしょうか。

生姜が世界で初めて栽培されたのが、紀元前500年前のインドといわれています。
インドの熱帯地域で栽培され始めた生姜は、保存食として栽培されるようになりました。
またそれ以外では医薬品としても効果があると、この時期からすでにわかって栽培されていました。

アジア圏では一番最初に栽培されたのが、中国といわれています。
その中国では、インドと同じく紀元前500年ほどから栽培されていたといわれています。
ヨーロッパの地域では1世紀ごろに伝わり栽培されました。

しかし気温が生姜には適しておらず、栽培するのではなく輸入に頼るという状態になっています。
同じくアジア圏の日本では、2世紀から3世紀ごろに初めて中国から伝えられたということが分かっています。
日本の書記の古事記の中で、生姜が栽培されていることが分かっています。

日本で初めて伝わった生姜は、奈良県で栽培されていました。
今では最もより生姜が栽培されているのが高知県であり、全国の生姜の出荷量の約45%を占めています。
高知県は栽培に適した気温や気候であると同時に、四万十川などの一級河川が多く自然豊かな場所でもあります。
なのでとてもいい生姜が収穫することができます。

このページの先頭へ