人体への影響

生姜はそのまま食べても、人体に影響はない?

生姜は私たちの食生活では欠かせないものの一つとしてあげられます。
生姜がメインになることは少ないですが、調味料としてすり下ろしたり、みじん切りにして炒めたり、千切りにして煮物と一緒に煮たりなど幅広く使用されます。
特に日本食や中華料理などでは、魚や肉を調理する際に、臭みなどをとるために使用することが多いです。

そして生姜には、生姜ならではの風味がありそれが食欲向上へとつながります。
生姜は食材としてもよく使用されますが、昔は民間薬としても使用されていました。
よくおじいちゃんやおばあちゃんが、風邪をひき始めたら生姜を食べなさいとよく言われます。

それは平安時代から風邪には効果があるといわれ続けるほど、効果が期待できます。
薬の中でも簡保などでは、生姜を使用することはとても多く、70%近くが含まれるといわれています。
そんな生姜の食べ方として生で食べるのは、人体に影響はないのでしょうか。
生姜には、殺菌効果を高めたり、滋養強壮に効果的であったり、免疫力をあげるとい言った効果が期待でいます。

特に風邪などの引き始めにはのどの痛みや咳などの症状が出ます。
その原因を引き起こす細菌を除去する働きもあります。
そんな生姜の行こう成分の一つにジンゲロールという成分があります。
このジンゲロールは生の状態で摂取するのが一番効果がるといわれています。
ジンゲロールは加熱すると半分ぐらいに減少してしまいます。

またすり下ろしてもすぐに食べなければ、酸化しやすいため効果が半減してしまいます。
なので生姜の栄養素をいちばん吸収するためには、生で食べるのが一番いいとされています。
生姜が苦手な人や、生で食べるのは辛みがあるという人には、蜂蜜漬けにして食べるのがお薦めです。
ハチミツには酸化を防ぐ役割もあるため、生姜の効果をなるべく失わずに生のまま食べることができます。
また体調がよくないときには、おかゆなどに生の生姜を千切りにして載せて生姜が湯などにして食べると食べやすいといえます。

このページの先頭へ