人体への影響

生姜は作るのにどのくらいの期間がかかるの?

和食には欠かせない食材として有名な生姜は、スーパーなどで見かけない日はないほど常に置かれています。
そんな生姜が私たちの食卓に届くまで、どのように栽培されているのでしょうか。
私たちが購入する生姜のうち約半数は、輸入品に頼っています。

その輸入品のほとんどが中国産になっています。
それ以外の約半数は、国産のものが発売されています。
そのうち日本で生産されている生姜の45%は、高知県で栽培されています。

そのほかの県でも生産されていますが、断トツの生産量となっています。
そんな高知県で作られた生姜は、繊維質が少なく香りもとてもいいものが多いです。
そんな生姜は一年中かけて収穫に向けて準備されています。

生姜は寒暖の激しい広い大地で生産されるのが好ましいとされています。
それは、熱い昼間に多くの太陽を浴び成長し、夜は気温が下がることでギュッとうまみが凝縮されるからです。
さらに高知県には四万十川をはじめとする一級河川が他にもあります。
きれいな河川を水源として成長した生姜は、品質が良い製品だといえます。

まず冬の寒い時期に土壌づくりをします。
生姜が成長しやすいような肥料などを加え、土を栄養たっぷりにしながら休ませて置きます。
そして春になると、昨年収穫した生姜の中から種生姜にふさわしいものを厳選し植え付けていきます。
6月で梅雨の時期を過ぎると、今度は猛暑がやってきます。

猛暑になると土が乾燥してしまいやすくなります。
それを防ぐために敷きわらをしていきます。
8月に入ると、生姜の葉はぐんぐん伸びていきます。

そこで気をつけなければいけないのが台風です。
高知県は台風が通り抜けしやすい地域になります。
なので強風で生姜の葉が倒れてしまいます。

それを防ぐために防風ネットを畑に囲うことで、生姜が被害に合わないようにしていきます。
そして10月ごろになると、今で生姜の葉に送られていた栄養素が土に眠る生姜にも十分行きわたったところで収穫していきます。
収穫食後に販売される新生姜は、最も香りがよく辛みも強すぎることなく、繊維質も少ないためいろんな料理に使用しやすいです。

このページの先頭へ